バックナンバー
2015年10月19日

住友電工 古河電工 車WHのアルミ化、着実に進む


電線新聞定期購読

ご購入はこちら

住友電工 古河電工 電食問題をクリア
低コスト、量産態勢へ

自動車用電線やワイヤーハーネス(WH)導体のアルミ・合金化の実用化が次第に動き出した。古河電工の子会社・古河AS製アルミWHが、今年8月発売のトヨタ新型ランドクルーザー200系に搭載されたほか、同製品分野でトップランナーの住友電工も既に納入実績があり「最近、数量ベースで数%伸びている」と着実に伸長しだしている。それを業界筋の専門調査機関では「20年に10数%~20%、30年には30%弱~40%ほどになる」とみている。要因は自動車の燃費向上にともなう車体の軽量化とコストダウンのためだが、コネクタとの電食などの課題もある。


トップインタビュー 古河マグネットワイヤー 佐野文一社長

20年度目標売上高比率 付加価値商品20%→50% 軸はHCV平角線とリボン線

古河マグネットワイヤーの佐野文一社長は、共同取材に応じて「HEV車用平角線とリボン線を軸にステンレス線、チューブなどに傾注して収益向上を促進しながら、高付加価値製品の売上高割合を現行は2~3割だが、これを20年度には5割に引き上げたい」と述べた。また、汎用巻線の収用改善については「生産性向上や線速アップと価格改定の推進。さらに汎用品は品種を絞り、顧客にサイズ・製品規格の統一を行って貰っている。例えば従来は10品種あった製品を3品種にまとめる」などの対応策を講じていることを明らかにした。


19FY中期見通し 電線工業会調べ
総計72.8万t(14FY年率0.1%増)

建販と電力が下支え 自動車と輸出は不調

電線工業会がまとめた19年度の電線中期需要見通しは14年度対比では、通信や自動車、輸出の3部門は完全に減速傾向にあるが、建販部門が東京五輪を控えて需要増が見込め堅調に伸びるなど電力やその他内需の3部門が増加し、電気機械はほぼ同様として総計は72.8万トンで同0.6%増加。また、14年度対比の年平均ではこれと同傾向を示し0.1%の微増とした。
主要部門別出荷見通し(14年度平均伸び率)をみると、プラスグループが電力、建設電販、その他内需の3部門、増減無しのグループは電気機械1部門、マイナスグループは通信、自動車、輸出の3部門になった。


タツタ電線 仙台工場を新設 電磁シールドフィルムで

タツタ電線は、スマートフォン向け電磁波シールドフィルムの国内3カ所目となる生産拠点「仙台工場」を宮城県大和町の大和リサーチパークに設けることにした。工場の生産ラインは今年11月に稼動させる予定。 操業に先立ち13日に、宮城県庁で宮城県および大和町との間で立地協定の締結式を、タツタ電線の外池廉太郎社長、村井嘉浩・宮城県知事、浅野元・大和町長らが出席のもと行った。
これは同社の機能性材料事業(主要製品は電磁波シールドフィルム、導電ペースト等)の生産体制や物流面での強化とBCP対応の観点から、現在会社清算手続き中のソマテック社が大和リサーチパーク内に保有する土地、建物およびフィルム製造機械装置等の資産一式を、ソマテック社の親会社である機能性化学材料メーカー・ソマール(本社:東京都中央区銀座)から約14億円で取得した。
いわば競合はしていないが、ユーザーが同類の企業を買収した。ソマテック社の生産設備は、大方転用できるという。タツタ電線は同事業の「仙台工場」とし、現地での採用を含む人員の配置や一部設備の付加増強を行っており、機能的な生産態勢の構築に取り組んでいる。また、今後、韓国、中国、東南アジアなどにあるスマホ部品類の組み立て拠点向けに輸出する。


7月・8月通関実績
光ファイバ輸出、米・越等に堅調 輸入中国2ケタ減続く

財務省がまとめた7月度の電線・ケーブルの通関輸入実績は、2万8千341トン(前年同月比3.1%減)となった。輸入金額(CIF)を見ると為替の関係等もあり、同13.5%の増加となっている。
品種別では、全輸入量の95%以上を占める絶縁電線ケーブルが2万7千574トン(同3.2%減)だった。中国からの輸入は2ケタ減が続いている一方、タイからの輸入が50%以上の増加で続いている。また輸入量は少ないものの、裸アルミ線が218トン(同73.0%増)と高い伸びを示した。裸銅線は486トン(同15.8%減)だった。
地域別では、アジアからの輸入量が全輸入量の98%以上を占め、7月度は2万7千844トン(同3.6%減)だった。国別に見ると、1位は中国で9千567トン(同12.9%減)。直近4カ月だけでも2ケタの減少が続いている。2位はベトナム6千523トン(同3.3%増)、3位インドネシア3千601トン(同3.4%増)などと続いている。




最新号案内 | 次号案内 | バックナンバー | 定期購読とご購入

Copyright(C) ktc-densen.com All rights reserved.