バックナンバー
2015年7月6日

海底CVケーブル 世界で供給不足が続く


電線新聞定期購読

ご購入はこちら

欧州勢、抱える受注残 日本メーカーは失地回復へ

世界の高圧海底ケーブル市場は、供給不足になっている。同分野で高いシェアを持つプリズミアンやネクサンス、ABB等の欧州電線メーカー勢は受注残を抱えるほどだ。同ケーブルの需要拡大にともない欧州勢は08年頃から積極的に大型設備投資を図り、その効果で製品性能や長尺等で次々に記録を塗り替えた。一方、日本勢は大震災の影響もあり、それが後手に回った。ただ、ここに来てJPSが欧州で141kmの40万V直流CV海底ケーブル案件を受注するなど、日本勢は失地回復に確実に動き出した。


トップインタビュー オーナンバ 遠藤誠治社長

新事業で売上50億円(1.7倍)目標 北米・生産拠点の新設も検討

オーナンバの遠藤誠治社長は取材の中で「①国内シェア50% 超の太陽光発電監視システム(PVUファインダー)②自動車用部品モジュール③世界大手照明メーカー用機器・WH加工品の準完成品OEM事業等の新規事業で15年は売上高50億円(昨年30億円)を目指す」とした上で、PVUファインダーの進化版「中規模MATAS」を開発し「役所、病院や工場、学校、ビル等に配備した蓄電池やジェネレーターを用いた自立型エネルギー供給システムを監視、コントロールするビジネスも展開。一連の同関連事業を積極推進する」と述べた。また、遠藤社長は「米国市場が好調で同拠点の生産ライン増強や新設も検討している」ことも明らかにした。


サイカワ、共立
電線ケーブル製造で、高品質と生産性を向上へ

φ0.008mm線用キャリア 極細線用タンデムスリップ伸線機

電線ケーブルの製造用途にサイカワの「極細線用タンデム型スリップ式伸線機WST-20型」と共立の極細線用・新型キャリヤー「モデル:SFBRD3」の引き合いが増加。「同伸線機」は1ダイス1キャプスタン方式で各軸をモーター駆動させ、各軸の回転を自在に制御することを達成し、最大マシン速度毎分1千mを実現した。一方、共立の「新型キャリヤー」はφ0.008mm線の繰り出しが行え、ダイヤルメモリ式の張力表示で16打ちも可能にした。両マシンは電線製造工程で役割は違うが、電線の高品質や高生産を支える機種としては一致し、好評を博している。


14FY電線輸出入実績 4400億円の輸入超過

進むアウト-イン、脱中国 光輸出 数量・金額2ケタ増

財務省がまとめた14年度の電線ケーブルの通関実績は、輸出額2千841億円(前年度比5.3%増)、輸出額2千841億円(前年度比5.3%増)、輸入金額7千254億円(同7.0%増)となり、4千413億円(同335億円増)の輸入超過となった。絶縁電線ケーブルのOUT-INがいっそう進んだことが要因となった。
14年度の輸入量は33万2千トン(同3.8%増)と伸長した。品種別では、絶縁電線ケーブルが32万4千トン(同3.8%増)、アルミが1千590トン(同約2.52倍)と、電線メーカーの海外移転による影響や外資系メーカーの輸入品の増加等から、特に絶縁電線ケーブルでOUT-INとなって現れているようだ。銅や光ファイバーケーブル、光ファイバは前年割れした。
国別の動向では、上位5カ国の順位は変わらないが、1位の中国が同5.9%減と前年度割れした。しかし、2位以下を見ると、ベトナム同6.0%増、3位フィリピン同4.0%増、4位インドネシア同7.1%増、5位韓国同22.5%増となるなど、チャイナプラス・ワンの傾向がうかがえる。


フジクラ鹿島建設
Wi-Fiアンテナケーブル 縦敷設技術を実用化

フジクラは6月29日、鹿島建設と共同で、Wi-Fiアンテナケーブルの縦敷設技術(特許出願中)を実用化したと表明した。同技術は泉大沢シニアタウン(仙台市泉区)の有料老人ホーム(15年2月竣工)に初めて適用され、現在施工中の鹿島東京建築支店・東京土木支店ビル(16年8月竣工予定)にも採用される予定。
Wi-Fiアンテナケーブルを建設工事中にパイプシャフトなどの縦貫通孔に敷設し、無線アクセスポイント(AP)の配置を工夫しながら、その数を大幅に削減。初期導入コストだけでなく、保守経費などの維持管理コストも削減できる。
同有料ホーム施設では、出入口の状況をどこからでも見られる入居者見守りシステムの一環として無線LAN環境を導入する計画だったが、当初27台のAPを設置する予定のところ、同技術の適用で3台まで削減できた。APを上下交互に配置することを基本に、使用頻度の高い建物東側下階の電波環境を強化した。結果、機器購入および工事費等の初期導入コストを約50% 削減、維持管理コストも約90%の削減を達成した。
また、通常APは5年程度で更新が必要だが、更新費用も含めた20年間のライフサイクルコストは、70 %以上削減できる試算という。




最新号案内 | 次号案内 | バックナンバー | 定期購読とご購入

Copyright(C) ktc-densen.com All rights reserved.