バックナンバー

2014年11月号
総力特集

つくばフォーラム2014preview
〜柔軟で使いやすい、進化するアクセスネットワーク〜

OPTCOM2014年11月号
ご購入はこちら

NTTアクセスサービスシステム研究所で10月16日、17日の2日間にわたり、アクセスネットワークサービス、システムに関する総合シンポジウム「つくばフォーラム2014」が開催される。
今回のテーマは「柔軟で使いやすい、進化するアクセスネットワーク」。通信市場を取り巻く環境を見ると、モバイル端末の発展、情報通信量の爆発的増加が進む一方で、従来のB2CモデルからB2B2Cモデルへとビジネスモデルを新たに変革する転換期を迎えている。そうした中でNTTアクセスサービスシステム研究所は、フォーラムの共催団体を始めとした参加企業とともに、アクセスグループとして世の中の動きを先んじた取り組み及びチャレンジを重要視し、アクセス環境を新たなステージに押し上げる進化を実現する最新の研究開発に取り組んでいる。「つくばフォーラム2014」では、その成果や改良高度化の取り組みの提案・展示が予定されている。
今回は、注目技術や市場の課題について、NTTアクセスサービスシステム研究所 所長の天野博史氏に解説して頂いた。


特別寄稿 PLCスプリッタ市場展望

By Stephen Montgomery,ElectroniCast Consultants

ここでは光通信アプリケーションに使用されるPLCスプリッタの世界消費市場の分析と予測の概要を紹介する。ElectroniCastは特に、導波路回路を使用し、ピグテール付でパッケージに収めたPLCスプリッタを扱っている。市場分析では、PLCスプリッタデバイスに使用される、また、他のデバイスやモジュールを作製するためにPLCチップ/機能を集積したPLCスプリッタチップがカウントされている。

他、高画質・長時間記録を実現する映像監視システム、協和エクシオ、阪神エリアの施工拠点を集約。「兵庫総合技術センタ」を建設 についてレポートした。








最新号案内 | 次号案内 | バックナンバー | 定期購読とご購入

Copyright(C) ktc-densen.com All rights reserved.